研究室
HOME > 一般向けトップ > 研究室紹介 >延與放射線研究室

理論研究部門

素粒子研究部門

RIBF研究部門

  • 閉鎖した研究室
  • 橋本数理物理学研究室
  • 延與放射線研究室

    主任研究員
    延與 秀人Hideto EN' YO D.Sci.
    • 1984年学振研究員(在東京大学)
    • 1985年学振海外特別研究員(在 CERN)
    • 1987年CERN 研究員
    • 1989年京都大学理学部助手
    • 1994年京都大学理学部助教授
    • 2001年理化学研究所主任研究員(現在に至る)
    • 2001年理研BNL研究センター実験グループリーダー
    • 2007年理研基幹研究所先端技術基盤部門・部門長
    • 2009年理研仁科加速器研究センター・センター長(現在に至る)

    研究室スタッフ

    研究室プロフィール

    陽子や中性子などの核子は構成粒子クォークと糊粒子グルーオンで構成されていますが、その構造は必ずしも明らかではありません。特に陽子のスピン1/2が構成される機構は謎に包まれています。当研究室では米国ブルックヘブン国立研究所の衝突型加速器RHICにおいて世界初の偏極陽子の衝突実験を行い、スピンをプローブにこの問題を解決することを目標にしています。最近のデータ解析で、グルーオンが陽子のスピンを殆ど荷っていないことを示すデータが得られました。これは、事前の予想を覆す、驚くべき結果です。RHICでは超高エネルギー原子核衝突実験も行われます。ここでは宇宙開闢(かいびゃく)直後の世界、クォーク・グルーオン・プラズマを実験室に再現する研究を行います。ブルックヘブン国立研究所(BNL)での活動は理研BNL研究センター(RBRC; N. Samiosセンター長)を中心組織として行っています。他に国内プロジェクトとしてSPring-8や高エネルギー加速器研究機構(KEK)などの加速器を用いた研究も進めています。KEKの加速器に於いて発見した、中間子が核物質中で軽くなる現象は、J-PARCでの実験研究へと展開されます。イオン源等加速器技術の研究、超微細ピクセル検出器、中性子光学素子などの放射線測定に関わる技術開発も行っています。

    研究テーマ

    1. 超高エネルギー偏極陽子衝突による核子のスピン構造の研究
    2. 高温高密度原子核物質の研究
    3. 放射線測定・加速器に関わる技術開発

    主要論文

    1. PHENIX Collaboration (Adare, A., et al.):
      "Gluon-Spin Contribution to the Proton Spin from the Double-Helicity Asymmetry in Inclusive π0 Production in Polarized p+p Collisions at √s=200 GeV."
      Phys. Rev. Lett. 103, 012003 (2009)
    2. PHENIX Collaboration (Adare, A., et al.):
      "Inclusive cross-section and double helicity asymmetry for pi0 production in p+p collisions at s**(1/2) = 200-GeV: Implications for the polarized gluon distribution in the proton."
      Phys.Rev.D76:051106 (2007)
    3. Bazilevsky, A., et al.:
      "Single Transverse-Spin Asymmetry in Very Forward and Very Backward Neutral Particle Production for Polarized Proton Collisions at s**(1/2) = 200-GeV."
      Phys.Lett.B650:325-330 (2007)
    4. PHENIX Collaboration (Adler, S. S., et al.) :
      "Measurement of direct photon production in p + p collisions at s**(1/2) = 200-GeV."
      Phys.Rev.Lett.98:012002 (2007)
    5. Nakano, T., et al.:
      "Evidence for the Θ+ in the γd→K+K-pn reaction by detecting K+K- pairs"
      Phys. Rev. C 79, 025210 (2009)
    6. PHENIX Collaboration (Adler, S. S., et al.) :
      "Measurement of density correlations in pseudorapidity via charged particle multiplicity fluctuations in Au+Au collisions at s(NN)**(1/2) = 200-GeV."
      Phys.Rev.C76:034903(2007)
    7. Okamura, M., et al.:
      "Direct Plasma injection scheme for accelerators."
      Rev. Sci. Instrum. 79, 02B314 (2008)
    8. KEK-PS-E325 Collaboration (Sakuma, F., et al.) :
      "Study of nuclear matter modification of decay widths in phi ---> e+ e- and phi ---> K+ K- channels."
      Phys.Rev.Lett.98:152302 (2007)
    9. KEK-PS-E325 Collaboration (Muto, R., et al.) :
      "Evidence for in-medium modification of the phi meson at normal nuclear density."
      Phys.Rev.Lett.98:042501 (2007)
    10. KEK-PS E325 Coolaboration (Naruki, M., et al.):
      "Experimental signature of the medium modification for rho and omega mesons in 12-GeV p + A reactions."
      Phys.Rev.Lett., 96, 092301 (2006)

    プレスリリース

     

    PageTopへ