研究室
HOME > 一般向けトップ > 研究室紹介 > 大強度加速技術開発グループ

理論研究部門

素粒子研究部門

RIBF研究部門

  • 閉鎖した研究室
  • 橋本数理物理学研究室
  • 大強度加速技術開発グループ

    グループディレクター

    上垣外 修一Osamu KAMIGAITOD.Sci.
    • 1986年京都大学理学部卒業
    • 1991年京都大学理学研究科物理学第二専攻単位取得退学
    • 1991年大阪大学核物理研究センター教務補佐員
    • 1992年京都大学博士(理学)
    • 1992年理化学研究所 サイクロトロン研究室 研究員
    • 1999年理化学研究所 加速器基盤研究部 先任研究員
    • 2007年理化学研究所 仁科加速器研究センター 専任研究員
    • 2008年現職

    研究室プロフィール

    将来における、長寿命核分裂生成物の低減化と資源化を目指し、大強度加速器と標的システムの要素技術開発を行います。グループは2つのチームから構成され、高効率の大強度イオンビーム加速器と、大強度ビームに耐える標的とその周辺技術について、技術的課題を抽出します。さらに物理シミュレーションなどに基づき、それらを克服する方策を策定するとともに、試験装置の開発と検証試験に取り組みます。

    研究テーマ

    1. 大強度イオンビーム加速器
    2. 超伝導加速空洞
    3. 大強度ビーム標的

    研究チーム

    研究室名 役職 代表者
    大強度加速技術開発グループ グループディレクター 上垣外 修一
    高効率加速空洞開発チーム チームリーダー 坂本 成彦
    大強度標的開発チーム チームリーダー 奥野 広樹

     

     

    PageTopへ