研究室
HOME > 一般向けトップ > 研究室紹介 > 望月雪氷宇宙科学研究ユニット

理論研究部門

素粒子研究部門

RIBF研究部門

  • 閉鎖した研究室
  • 橋本数理物理学研究室
  • 望月雪氷宇宙科学研究ユニット

    望月優子
    研究ユニットリーダー
    望月 優子Yuko MOTIZUKID.Sci.
    • 1998年博士(理学)(東京大学)受位
    • 1995年理化学研究所 基礎科学特別研究員
    • 2006年同 仁科加速器研究センター 仁科センター研究員
    • 2011年同 望月雪氷宇宙科学研究ユニット 研究ユニットリーダー 

    メンバー

    研究室プロフィール

    当ユニットでは、宇宙物理学ー雪氷学ー気候学が融合した新しい学際研究を展開しています。まず、南極大陸で掘削された氷床コアを用いて、過去の太陽活動と気候変動との関係や、地球を取り囲む宇宙環境の変化、つまり銀河系内超新星爆発や巨大太陽プロトン現象といった突発的な天体爆発シグナル(宇宙からの信号)を調べています。また、これらの天体爆発現象に伴う宇宙放射線が地球大気と衝突して引き起こす窒素酸化物の増加やオゾン層の破壊、さらに気候への影響等について、理論シミュレーションを推進しています。過去の気候変動をより深く理解することができれば、今後の気候変動(地球温暖化)を、より精度良く予測することができるようになります。
    さらに、当ユニットでは、超新星爆発と元素の合成を理論的に探究しています。わたしたちの住む天の川銀河系内の超新星爆発の頻度はまだよくわかっていませんが、過去100万年の氷床コア研究からそれを解明し、宇宙における「元素の起源」の理解をも、大きく進めることを目指しています。

    研究テーマ

    1. 過去の太陽活動と超新星の痕跡をさぐるための氷床コアのイオン・同位体比分析
    2. 過去の気候変動をさぐるための氷床コアの水同位体比分析
    3. 天体爆発現象が高層大気中で引き起こす放射線・化学反応とその気候への影響
    4. 超新星爆発とその環境下で起きる爆発的元素合成の数値シミュレーション

    主要論文

    1. Y. Motizuki, Y. Nakai, K. Takahashi, M. Igarashi, H. Motoyama, K. Suzuki:
      “Dating of a Dome Fuji (Antarctica) shallow ice core by volcanic signal synchronization with B32 and EDML1 chronologies”, The Cryosphere Discussions, 8, 769-804, 2014.
    2. M. Sigl, J.R. McConnell, M. Toohey, M. Curran, S. Das, R. Edwards, E. Isaksson, K. Kawamura, K. Krueger, L. Layman, O. Maselli, Y. Motizuki, D. Pasteris:
      “Rewriting the histroy of volcanic forcing during the Common Era using new ice cores”, submitted to Nature Climate Change, 2013.
    3. S. Okamoto, K. Takahashi, Y. Nakai, Y. Motizuki, A. Makabe, K. Koba, H. Motoyama:
      “Measurement of nitrogen and oxygen isotope ratios in very low nitrate concentration ice core samples”, submitted to RIKEN Accel. Prog. Rep. 47, 2014.
    4. K. Sekiguchi, Y. Nakai, T. Imamura, H. Akiyoshi, Y. Motizuki:
      “Modeling chemical reactions in the middle atmosphere induced by solar energetic particle events”, RIKEN Accel. Prog. Rep. 46, 124, 2013.
    5. S. Kikuchi, S. Okamoto, K. Takahashi, Y. Nakai, Y. Motizuki:
      “Annually-resolved water isotope measurements in a shallow ice core drilled in a vicinity of Dome Fuji station, East Antarctica”, RIKEN Accel. Prog. Rep. 46, 125, 2013.
    6. Y. Motizuki, K. Takahashi, K. Shibata:
      “The occurrence probability of giant solar proton events seeking from ice cores and lunar rocks”, Bunseki, 10, 585-589, 2012.
    7. R. N. Boyd, M. A. Famiano, B. S. Meyer, Y. Motizuki, T. Kajino, and I. U. Roederer:
      “The r-process in metal-poor stars and black hole formation”, The Astrophysical Journal Letters, 744, 1, L14-L17, 2012.
    8. M. Igarashi, Y. Nakai, Y. Motizuki, K. Takahashi, H. Motoyama, K. Makishima:
      “Dating of the Dome Fuji shallow ice core based on a record of volcanic eruptions from AD 1260 to AD 2001”, Polar Science, 5, 411-420, 2011.
    9. Y. Motizuki:
      “Towards opening up the research field of Astro-Glaciology”, Japan Geoscience Letters, 7, 7-9, 2011.
    10. Y. Motizuki:
      “Footprints of supernovae in our galaxy”, in: “Ice Cores: Time Capsule for Earth’s Environments”, eds. Y. Fujii and H. Motoyama, pp. 185-202, Seizando-Shoten Publishing, Tokyo, Japan, 2011.
    11. Y. Motizuki and K. Sato:
      “The Origin of Elements”, in ASJ Current Astronomy Series I, “The Universe and Human Beings”, pp. 94-137, eds. S. Okamura et al., Nippon Hyoron Sha Co., Ltd., Tokyo, Japan, 2007.

     

    PageTopへ