研究室
HOME > 一般向けトップ > 研究室紹介 >上坂スピン・アイソスピン研究室

理論研究部門

素粒子研究部門

RIBF研究部門

  • 閉鎖した研究室
  • 橋本数理物理学研究室
  • 上坂スピン・アイソスピン研究室

    上坂友洋
    主任研究員
    上坂 友洋Tomohiro UESAKAD.Sci.
    • 1992年東京大学理学部卒業
    • 1997年同大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了
    • 1997年理化学研究所サイクロトロン研 基礎科学特別研究員
    • 1999年埼玉大学理学部物理学科 助手
    • 2002年東京大学大学院理学系研究科附属原子核科学研究センター講師
    • 2005年同 助教授
    • 2011年理化学研究所 主任研究員 現在に至る

    メンバー

    研究室プロフィール

    原子核はハドロンの有限量子多体系であり、強い相互作用に司られた自己組織化系です。数千種に及ぶ原子核の世界において、多様性と規則性がどのようなメカニズムを通じて発現するのか? 我々の研究室では、そのメカニズムをRIビームファクトリーで得られる多種多彩な不安定核の実験研究から解明していきます。
    特にスピン及びアイソスピンという自然界の対称性を具現する物理量を駆使した新しい実験手法を開発し、従来の研究では到達できなかった新状態を生成したり、抽出できなかった情報を引き出すことを、研究の特徴としています。
    現在は、原子核系を特徴づける魔法数が安定線から離れた領域で発現・消失する現象を解明するため、スピン偏極陽子を用いた研究を進めています。

    研究テーマ

    1. 直接反応を用いた不安定核研究
    2. 不安定核誘起反応による未発見状態の探索
    3. スピン偏極核の生成法開発

    主要論文

    1. T. Uesaka, S. Sakaguchi et al.,
      "Analyzing power for the proton elastic scattering from neutron-rich 6He nucleus",
      Physical Review C 82 (2010) 021602(R).
    2. K. Yako, M. Sasano, K. Miki, T. Uesaka et al.,
      "Gamow-Teller Strength Distributions in 48Sc by the 48Ca(p, n) and 48Ti(n, p) Reactions and Two-Neutrino Double-β Decay Nuclear Matrix Elements",
      Physical Review Letters 103 (2009) 012503.
    3. H. Sakai, T. Saito, T. Uesaka et al.,
      "Spin Correlations of Strongly Interacting Massive Fermion Pairs as a Test of Bell's Inequality",
      Physical Review Letters 97 (2006) 150405.
    4. T. Wakui, M. Hatano T. Uesaka et al.,
      "Proton polarizing system with Ar-ion laser for image-RI scattering experiments"
      Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A 550 (2005) 521-534.
    5. K. Sekiguchi, T. Uesaka et al.,
      "Polarization transfer measurement for 1H(d(vec), p(vec))2H elastic scattering at 135 MeV/nucleon and three-nucleon force effects",
      Physical Review C 70 (2004) 014001-1-17.
    6. V.P. Ladygin, T. Uesaka et al.,
      "Measurement of the tensor analyzing power T20 in the dd3Hen and dd3Hp at intermediate energies and at zero degree",
      Physics Letters B 598 (2004) 47-54.
    7. H. Okamura, T. Uesaka et al.,
      "Model-independent spin-parity determination by the (d, 2He) reaction and possible evidence for a 0- state in 12B",
      Physical Review C 66 (2002) 054602-1-4.
    8. T. Uesaka, J. Nishikawa et al.,
      "3He(d, p)4He reaction at intermediate energies and impulse picture of the (d, p) reactions",
      Physics Letters B 533 (2002) 1-7.
    9. H. Sakai, K. Sekiguchi, T. Uesaka et al.,
      "Precise Measurement of dp Elastic Scattering at 270 MeV and Three-Nucleon Force Effects",
      Physical Review Letters 84 (2000) 5288-5291.
    10. T. Uesaka, et al.,
      "Polarization correlation coefficient for the 3He(vec)(d(vec), p)4He reaction",
      Physics Letters B 467 (1999) 199-204.

     

    PageTopへ