仁科センターの紹介

国際研究協力協定

仁科センターは2011年度現在、14カ国29の研究協力協定を結んでいます。

ワークショップやシンポジウムの開催、研究者の交流、研究者や装置を受入れて行う共同研究などを目的としています。他に、学生等を受入れて行う人材育成を含むものもあります。
また、加速器を用いた原子核研究については日本を代表して協定を締結しているものがあります。

世界地図で見る国際研究協力

Research Collaboration

 

協定リスト(略称順)

略称 締結機関名称
APCTP アジア太平洋理論物理センター 韓国
ATOMKI 科学アカデミー・原子核研究所 ハンガリー
BNL ブルックヘブン国立研究所 アメリカ
CNPS 中国核物理協会 中国
CU コロンビア大学 アメリカ
ENEA 国立エネルギー科学新技術研究所 イタリア
GANIL 国立重イオン加速器研究施設 フランス
GSI ドイツ重イオン科学研究所 ドイツ
IMP, CAS 中国科学院近代物理研究所 中国
IN2P3 国立核物理素粒子物理研究機関 フランス
INFN 国立核物理研究所 イタリア
INRNE 科学アカデミー原子力研究所 ブルガリア
ITB バンドン工科大学 インドネシア
ITS スラバヤ大学 インドネシア
JINR 核研究合同研究所 ロシア
KI クルチャトフ研究所 ロシア
LIA 日仏連携国際研究室 フランス
MSU ミシガン州立大学 アメリカ
MPG マックスプランク協会 ドイツ
PKU 北京大学 中国
PSI ポール・シェラー研究所 スイス
RAL ラザフォードアップルトン研究所、SFTC イギリス
SJTU 上海交通大学 中国
SNU ソウル大学校 韓国
TRIUMF TRIUMF研究所 カナダ
TUM ミュンヘン工科大学 ドイツ
UJ ユバスキラ大学 フィンランド
UNPAD パジャジャラン大学 インドネシア
VAEC ベトナム原子力委員会 ベトナム

 

 

PageTopへ