理化学研究所

日本発、アジア初。

理化学研究所RIビームファクトリーで生成された113番元素が国際的に新元素として認定されました。元素周期表に日本人の手で新たな元素が加わったことになります。かつて、新しい元素の発見は新しい物質科学の始まりを意味し、新物質はさまざまに利用され、人々の生活を豊かにしてきました。今回発見された113番元素は10年近い年月をかけ、困難な中3原子を合成・発見しました。また寿命も約1000分の2秒とみじかく、瞬く間にほかの元素へと壊変してゆきます。新元素は現在のところ、人々の生活に直接かかわることはないと考えられます。しかし元素は世界の構成要素であり、これを探求することは、人類に化学の基礎を与え、原子核の安定性についてより深い理解を与えます。物質の存在にかかわる基礎研究の深化は、未来の科学、ひいては科学技術と社会の発展に大きな貢献をすることは間違いありません。

113番元素はどのようにして発見されたのか

亜鉛Zn+ビスマスBi= 正解はこちら

元素発見の歴史

アジア圏初の発見から命名に至るまで

詳しく学ぶ

匠技で作りあげられた装置群

純国産の装置群と、加速器スタッフの不断の努力で

詳しく見る

9年で3個、1兆回の衝突の末

「待っていれば、絶対に来る」森田 浩介

インタビューを読む

119番、120番元素への挑戦

詳しく見る