研究室
HOME > 一般向けトップ > 研究室紹介 >理研BNL研究センター

理論研究部門

素粒子研究部門

RIBF研究部門

  • 閉鎖した研究室
  • 橋本数理物理学研究室
  • 理研BNL研究センター

    センター長
    Samuel H. AronsonPh.D.
    • 1968年Research Associate and Sr. Research Associate, Enrico Fermi Institute for Nuclear Studies, University of Chicago
    • 1972年Assistant Professor of Physics, Physics Department, University of Wisconsin, Madison
    • 1978年Physicist, Accelerator Department and Section Head, ISABELLE Experimental Support Division, Brookhaven National Laboratory
    • 1982年Physicist and Team Leader for the D-Zero Central Calorimeter construction, Physics Department, Brookhaven National Laboratory
    • 1987年Associate Chair, Physics Department, Brookhaven National Laboratory
    • 1988年Deputy Chair, Physics Department, Brookhaven National Laboratory
    • 1991年Senior Physicist, Project Director, PHENIX Project and PHENIX Group Leader, Physics Department, Brookhaven National Laboratory
    • 2001年Chair, Physics Department, Brookhaven National Laboratory
    • 2005年Associate Laboratory Director for High Energy and Nuclear Physics, Brookhaven National Laboratory
    • 2006年Laboratory Director, Brookhaven National Laboratory
    • 2013年Director of RIKEN BNL Research Center, Brookhaven National Laboratory

    研究室プロフィール

    理研BNL研究センターは、米国ブルックヘブン国立研究所(BNL)に1997年4月に設立されました。本センターは理研により運営され、新世代の若い物理学者を養成することにより、スピン物理、格子QCD及びRHIC物理を含む強い相互作用の研究に専念しています。

    研究グループ

    研究室名 役職 代表者
    理研BNL研究センター センター長 Nicholas P. SAMIOS
    理論研究グループ グループリーダー Dmitri KHARZEEV
    計算物理研究グループ グループリーダー 出渕 卓
    実験研究グループ グループリーダー 秋葉 康之

     

     

     

    PageTopへ