研究室
HOME > 一般向けトップ > 研究室紹介 >超重元素研究グループ

理論研究部門

素粒子研究部門

RIBF研究部門

  • 閉鎖した研究室
  • 橋本数理物理学研究室
  • 超重元素研究グループ

    グループディレクター
    森田 浩介Kosuke MORITAD.Sci.
    • 1984年九州大学理学研究課物理学専攻博士後期課程満期退学
    • 1984年理化学研究所流動研究員
    • 1984年理化学研究所サイクロトロン研究室 研究員補
    • 1991年理化学研究所サイクロトロン研究室 研究員
    • 1993年博士(理学)九州大学
    • 1993年理化学研究所サイクロトロン研究室 先任研究員
    • 2006年仁科センター森田超重元素研究室准主任研究員
    • 2013年九州大学大学院理学研究院 教授
    • 2013年理化学研究所 超重元素研究グループ グループディレクター (兼務・非常勤)

    研究室プロフィール

    原子番号が103を超える元素は、超アクチノイド元素または超重元素と呼ばれ、化学的な性質が詳しく研究されていない元素群です。これらの元素は天然には存在せず、人工合成によって合成され、その化学的性質や核分光学的性質が研究されます。当研究室では理研の加速器群を使い、種々の効率的な超重元素合成方法を駆使して超重元素を合成して、それらの研究を行っています。

    研究室名 役職 代表者
    超重元素研究グループ グループリーダー 森田 浩介
    超重元素合成研究チーム チームリーダー 森田 浩介
    超重元素分析装置開発チーム チームリーダー 森本 幸司

     

     

    PageTopへ