研究室
HOME > 一般向けトップ > 研究室紹介 > 橋本数理物理学研究室

理論研究部門

素粒子研究部門

RIBF研究部門

  • 閉鎖した研究室
  • 橋本数理物理学研究室
  • 【終了】橋本数理物理学研究室(2010.4 - 2015.3)

    准主任研究員
    橋本 幸士Koji HASHIMOTO D.Sci.
    • 2000年理学博士(京都大学)
    • 2000年京都大学基礎物理学研究所 学振特別研究員
    • 2000年カリフォルニア大学サンタバーバラ校理論物理学研究所 学振特別研究員
    • 2001年東京大学駒場素粒子論研究室 助教
    • 2007年理化学研究所 川合理論物理学研究室 研究員
    • 2009年同 専任研究員
    • 2010年理化学研究所 橋本数理物理学研究室 准主任研究員

    メンバー

    研究室プロフィール

    物理学における数理的な側面は、多岐に渡る物理学の横断的な理解、そして新しい発見に欠かせないものです。当研究室では、超弦理論の数理とその応用を中心として、素粒子理論と原子核理論、そしてその周辺の理論物理学を研究しています。
    超弦理論は重力と量子力学を統一的に記述できる数理体系です。宇宙と素粒子の本質の理解に向けて、また、様々な物理理論の新しい側面の発見に向けて、研究を行っています。

    研究テーマ

    1. 超弦理論の数理
    2. 超弦理論・Dブレーンの数理の応用
    3. ハドロン物理学、原子核理論、物性理論、宇宙論等における数理的側面
    4. ゲージ重力対応

    主要論文

    1. Koji Hashimoto, Norihiro Iizuka, Piljin Yi
      "A Matrix Model for Baryons and Nuclear Forces"
      JHEP 1010:003,2010
    2. Koji Hashimoto, Norihiro Iizuka
      "Three-Body Nuclear Forces from a Matrix Model"
      JHEP 1011:058,2010
    3. Koji Hashimoto, Norihiro Iizuka
      "Nucleon Statistics in Holographic QCD : Aharonov-Bohm Effect in a Matrix Model"
      Phys.Rev.D82:105023,2010
    4. Takaaki Ishii
      "Toward Bound-State Approach to Strangeness in Holographic QCD"
      Phys.Lett.B695:392-396,2011
    5. Minoru Eto, Toshiaki Fujimori, Sven Bjarke Gudnason, Yunguo Jiang, Kenichi Konishi, Muneto Nitta, Keisuke Ohashi
      "Group Theory of Non-Abelian Vortices"
      JHEP 1011:042,2010

     

    PageTopへ