研究室
HOME > 一般向けトップ > 研究室紹介 >肥山ストレンジネス核物理研究室

理論研究部門

素粒子研究部門

RIBF研究部門

  • 閉鎖した研究室
  • 橋本数理物理学研究室
  • 肥山ストレンジネス核物理研究室

    准主任研究員
    肥山 詠美子Emiko HIYAMA理学博士
    • 1993年九州大学理学部物理学科卒業
    • 1995年九州大学院理学研究科修士課程修了
    • 1998年同大学院理学研究科博士課程取得
      平成7年4月―平成10年3月まで日本学術振興会特別研究員(DC1)を努めた。
    • 1998年理化学研究所ミュオン科学研究室 基礎科学特別研究員
    • 2000年高エネルギー加速器研究機構 助手
    • 2004年奈良女子大学理学部物理科学科助教授
    • 2007年奈良女子大学理学部准教授
    • 2008年理化学研究所仁科加速器研究センター
      肥山ストレンジネス核物理研究室 准主任研究員

    メンバー

    研究室プロフィール

    厳密少数粒子系計算法を駆使して、ハイパー核分野、不安定核分野、ハドロン分野に適用し、厳密に解くことで新しく得られる物理を明らかにしていくことを目的としています。特に、現在の研究室ではハイパー核物理分野での研究を活発に行っています。この中性子、陽子、とハイペロンと呼ばれる粒子で構成されたハイパー核を量子力学的3体・4体問題の観点から構造研究を行うことにより、ハイペロンと核子間の相互作用の統一的理解を目指しています。

    研究テーマ

    1. 少数多体系問題の観点によるストレンジネスを含む原子核の構造研究
    2. 格子QCD計算によるエキゾチック粒子(Θ+)の構造研究
    3. 殻模型に基づく中性子過剰ラムダハイパー核の構造研究

    主要論文

    1. Hiyama, E., Yamamoto, Y., Motoba, T.,and Kamimura, M.:
      "Structure of A=7 iso-triplet $\Lambda$ hypernuclei studied with the four-body cluster model."
      Physical Review C 80, 054321 (2009)
    2. Hiyama, E., and Yamada, T.:
      "Structure of light hypernuclei."
      Progress in Particle and Nuclear Physics 63, 339-395 (2009)
    3. Umeya, A., Kaneko, G.,and Muto, K.:
      "Shell-model calculation of E2 effective charges: Application to carbon isotopes."
      Nuclear Physics A 829, 13-30 (2009)
    4. Hiyama, E., Yamamoto. Y., Motoba. T., Rijken. Th.A.,and Kamimura. M.:
      "Light \Xi hypernuclei in four-body cluster models"
      Physical Review C 78, 054316 (2008)
    5. Hiyama, E., Yamamoto, Y., Rijken, Th.A., and Motoba, T.:
      "Four-body structure of $^7_{¥Lambda}$Li and $¥Lambda N$ spin-dependent interaction."
      Physical Review C 74, 054312 (2006)
    6. Hiyama, E., Kamimura, M., Hosaka, A., Toki, H., and Yahiro, M.:
      "Five-body calculation of resonance and scattering states of pentaquark system."
      Physics Letter B 633, 237-244 (2006)
    7. Nemura, H., Shinmura, S., Akaishi, Y., and Myint, K.S.:
      "Fully Coupled Channel Approach to Doubly Strange s-shell Hypernuclei."
      Phys. Rev. Lett. 94, 202502 (2005)
    8. Hiyama, E., Gibson, B.F., and Kamimura, M.:
      "Four-body calculation of the first excited state of 4He using a realistic NN interaction: 4He(e,e')4He(02+) and the monopole sum rule.
      Physical Review C 70, 031001(R), (2004)
    9. Hiyama, E., Kino, Y., and Kamimura, M.:
      "Gaussian Expansion Method for Few-Body Systems."
      Progress in Particle and Nuclear Physics 51, 223-307 (2003)
    10. Nemura, H., Akaishi, Y., and Myint, K.S.:
      "Stochastic variational search for ∧∧ 4H "
      Phys. Rev. C 67, 051001(R) (2003)

     

    PageTopへ