研究室
HOME > 一般向けトップ > 研究室紹介 > 雪氷宇宙科学研究開発室

原子核・元素変換研究部門

RIBF研究基盤部門

加速器応用研究部門

素粒子物性研究部門

仁科センター直下

雪氷宇宙科学研究開発室

望月優子
室長
望月 優子Yuko MOTIZUKID.Sci.
  • 1998年博士(理学)(東京大学)受位
  • 1995年理化学研究所 基礎科学特別研究員
  • 2006年同 仁科加速器研究センター 仁科センター研究員
  • 2011年同 望月雪氷宇宙科学研究ユニット 研究ユニットリーダー
  • 2018年同 雪氷宇宙科学研究開発室 室長

メンバー

研究室プロフィール

宇宙物理学・宇宙化学・雪氷学が融合した新しい学際研究を、南極大陸のアイスコアの同位体・イオン分析や分析技術・装置開発を基軸に推進しています。アイスコアとは、氷床から掘削される円柱状の氷試料で、通常は過去の気候変動を調べるために用いられますが、当室では、大規模火山噴火や太陽活動の気候変動への影響や、我々の銀河系内の超新星爆発の痕跡探査といった、主に宇宙からの情報に着目した研究を推進しています。また、宇宙における元素合成や分子の進化、天体爆発現象に伴う宇宙放射線が地球大気に衝突して誘発する化学物質やその南極大陸への沈降過程、気候への影響等についても研究を展開しています。私たちの住む天の川銀河系内の超新星爆発の頻度はまだよくわかっていませんが、アイスコアの研究からそれを解明し、宇宙における「元素の起源」の理解をも、大きく進めることを⽬指しています。

 

研究テーマ

  1. 過去の太陽活動と超新星の痕跡をさぐるための氷床コアのイオン・同位体比分析
  2. 過去の気候変動をさぐるための氷床コアの水同位体比分析
  3. 天体爆発現象が高層大気中で引き起こす放射線・化学反応とその気候への影響
  4. 超新星爆発とその環境下で起きる爆発的元素合成の数値シミュレーション

主要論文

  1. Takeshi Minami, Kousuke Hatanaka, Yuko Motizuki, Yoichi Nakai, and Kazuya Takahashi:
    “A method of collecting trace amounts of vermilion from artifacts for source estimation by sulfur isotope (δ34S) analysis: use of sulfur-free adhesive”
    Journal of Archaeological Science: Reports 28, 102027, 2019.
  2. F. Miyake, K. Horiuchi, Y. Motizuki, Y. Nakai, K. Takahashi, K. Masuda, H. Motoyama, H. Matsuzaki:
    10Be signature of the cosmic ray event in the 10th century CE in both hemispheres, as confirmed by quasi-annual 10Be data from the Antarctic Dome Fuji ice core"
    Geophysical Research Letters 46, 11-18, 2019.
  3. Kazuya Takahashi, Yoichi Nakai, Yuko Motizuki, Toshiyuki Ino, Shigeru Ito, Satoru B. Ohkubo, Takeshi Minami, Yuichi Takaku, Yoshitaka Yamaguchi, Miho Tanaka, and Hideaki Motoyama:
    “High-sensitivity sulfur isotopic measurements for Antarctic ice core analyses”
    Rapid Communications in Mass Spectrometry 32, 1991-1998, 2018.
  4. Y. Nakai, Y. Motizuki, M. Maruyama, Y. Hasebe, H. Akiyoshi, T. Imamura:
    “Box-model simulation for influence of solar proton events on the middle atmosphere”
    RIKEN Accel. Prog. Rep. 50, 143, 2017.
  5. Y. Motizuki, H. Motoyama, Y. Nakai, K. Suzuki, Y. Iizuka and K. Takahashi:
    “Overview of the chemical composition and characteristics of Na+ and Cl– distributions in shallow samples from Antarctic ice core DF01 (Dome Fuji) drilled in 2001”
    Geochemical J. 51, 293-298, 2017.
  6. Shuji Fujita, Kumiko Goto-Azuma, Motohiro Hirabayashi, Akira Hori, Yoshinori Iizuka, Yuko Motizuki, Hideaki Motoyama, Kazuya Takahashi:
    “Densification of layered firn of the ice sheet at Dome Fuji, Antarctica”
    Journal of Glaciology 62, 231, 103-123, 2016.
  7. Fusa Miyake, Asami Suzuki, Kimiaki Masuda, Kazuho Horiuchi, Hideaki Motoyama, Hiroyuki Matsuzaki, Yuko Motizuki, Kazuya Takahashi, Yoichi Nakai:
    “Cosmic ray event of AD 774-775 shown in quasi-annual 10Be data from the Antarctic Dome Fuji ice core”
    Geophysical Research Letters 42, 84-89, 2015.
  8. M. Sigl, J. McConnell, M. Toohey, M. Curran, S. Das, R. Edwards, E. Isaksson, K. Kawamura, S. Kipfstuhl, K. Krüger, L. Layman, O. Maselli, Y. Motizuki, H. Motoyama, D. Pasteris, M. Severi:
    “Insights from Antarctica on volcanic forcing during the Common Era”
    Nature Climate Change 4, 693–697, 2014.
  9. Y. Motizuki, Y. Nakai, K. Takahashi, M. Igarashi, H. Motoyama, K. Suzuki:
    “Dating of a Dome Fuji (Antarctica) shallow ice core by volcanic signal synchronization with B32 and EDML1 chronologies”
    The Cryosphere Discussions 8, 769-804, 2014.
  10. R. N. Boyd, M. A. Famiano, B. S. Meyer, Y. Motizuki, T. Kajino, and I. U. Roederer:
    “The r-process in metal-poor stars and black hole formation”
    The Astrophysical Journal Letters 744, L14-L17, 2012.

 

PageTopへ